広告

ROIとROASの違いって?広告の運用成果・費用対効果を分析するための基礎知識

楽天市場やYahoo!ショッピングなどのモール内広告だけでも
かなりの種類がありますよね。

セールやキャンペーンの時期になると
担当コンサルタントから広告を提案されることも多いのではないでしょうか?

その広告が本当に効果があるのかどうかは
掲載箇所や時期、商品との親和性など、あらゆる要因が重なるので
簡単に判断できるものではありません。

そこで今回は、「広告の運用成果を判断するための基礎知識」として
ROIROASについて解説していきたいと思います!

ROIってなに?

ROIとは、Return On Investmentの頭文字をとったもので
投資コストに対してどれだけ効果があったかを分析するための指標です。

ROIの特徴

ROIは、投資に対する効果を見ることができる指標で
利益を用いて算出することが特徴のひとつです。

そのサービスや商品の採算性を利益ベースで確認することができますが
目の前の利益をもとに算出するため、短期的な分析になりがちなので注意が必要です。

ROIの計算式

ROIは、販売で得られた利益を投資コストで割ることで算出することができます。

数値はパーセンテージで表され
100%以上の数値になれば、広告費が回収できているという判断ができます。

【ROIの計算式】

ROI = 利益 ÷ 投資コスト × 100

実際に数値を当てはめて見てみましょう。

利益50万円 ÷ コスト10万円 × 100 = 500%

10万円を投資して、50万円の利益が出たとき、ROIは500%という計算になります。

じーぽ
じーぽ
1円の投資に対して
5円の利益がとれたってことだぽ!

ROAS(ロアス)ってなに?

ROASとは、Return On Advertising Spendの頭文字をとったもので
広告費に対して広告経由の売上がどれだけ発生したかを分析するための指標です。

じーぽ
じーぽ
ロアスって言われることが多いぽ

ROASの特徴

ROASは、広告の費用対効果を見る際に使用される指標のひとつで
売上を用いて算出することが特徴のひとつです。

算出に使う売上と広告費は、日常的に閲覧しやすく管理されることが多いため
指標の算出もしやすいことがメリットと言えます。

ROASの計算式

ROASは、広告経由の売上額を広告費で割ることで算出することができます。

数値はパーセンテージで表され
100%以上の数値になれば、広告費が回収できているという判断ができます。

【ROASの計算式】

ROAS = 広告経由の売上 ÷ 広告費 × 100

こちらも実際の数値を当てはめて見てみましょう。

売上50万円 ÷ 広告費5万円 × 100 = 1,000%

広告費5万円の広告を経由して、50万円の売上を上げることができた場合
ROASは1,000%という計算になります。

じーぽ
じーぽ
広告費1円に対して
10円の売上がとれたってことだぽ!

ROIとROASの違いってなに?

ROIとROASは、どちらも投資効果を見極めるための指標なので
混同されてしまうことが多いようです。

決定的な違いは、なにをもとに算出されるかという点です。

ー ROIとROASの違い ー
  • 【ROI】利益をもとに算出される指標
  • 【ROAS】売上をもとに算出される指標

つまり、ROIは利益のパフォーマンスROASは売上のパフォーマンス
確認することができる指標ということです。

ROIとROASは併用して確認しよう

ROIとROASで見極めるものは、利益と売上で、それぞれ異なるため
必ず併用して確認するようにしましょう。

なぜなら、ROAS(売上)がプラスだったとしても
ROI(利益)ではマイナスということもありえるからです。

サムライ
サムライ
なんですと・・・?

ROASがプラスでもROIはマイナス!?

具体的な数値で見てみましょう。

広告費40万円をかけた広告経由で、4,000円の商品が200個売れました。
1個あたり1,000円の利益だった場合、このビジネスは成功と言えるでしょうか?

■ROASの算出
売上80万円 ÷ コスト40万円 × 100 = 200%

ROASの計算で、広告費以上の売上がとれていることが分かりました。
それでは、つづけてROIを算出してみましょう。

■利益の算出
(利益単価1,000円 × 200個) – コスト40万円 = -20万円

■ROIの算出
利益-20万円 ÷ コスト40万円 × 100 = -50%

利益の計算をした時点で結果は見えていましたが
ROIを算出してみると、マイナスとなってしまいました。

サムライ
サムライ
至極無念でござる・・・

ROIとROASの違いまとめ

当たり前のことですが、売上が大きくてもコストがそれ以上に大きければ
当然、利益としてはマイナスになります。

売上ばかりに目がいってしまうと、肝心の利益が出ていなかったということもありえるので
必ずROIとROASはセットで確認するようにしましょう。

広告などの投資を行った後は、必ず数値分析をして
運用成果や費用対効果を確認するようにしましょう!

沈黙のWebマーケティング Webマーケッター ボーンの逆襲 [ 松尾茂起 ]

created by Rinker
¥2,376
(2019/09/15 19:46:29時点 楽天市場調べ-詳細)

ABOUT ME
サムライ
元デザイナー。いまは技術全般いろいろ見てます。 デザインのちょっとしたコツやトレンド情報など、分かりやすくて役に立つ記事を公開していくでござる。

ネットショップ運営でお困りのことはありませんか?
お気軽にご相談ください。