運営ノウハウ

売上が上がらない!アクセスがない!そんなときはドロップシッピングだ!

初心者店長
初心者店長
ネットショップを開いてみたけど、ぜーんぜん売り上げが上がらないよー・・・

 

ムッシュ
ムッシュ
じーぽくん!こんなお声をよくいただくんだけど、どうしたらいいと思う?
じーぽ
じーぽ
とても難しい問題だけど1つ効果的な方法を教えるぽ!

売上が上がらない理由は!?

じーぽ
じーぽ
まずは、自分のお店で売り上げが上がらない原因から考えてみるぽ!

売上が上がらない原因は、ショップによって違いますが、
共通して言えるものには、こんなものがあります。

  • お客さんが来ない。(お店を見つけてもらえていない)
  • 商品の魅力が伝わるページになっていない。
  • 価格が競合他社よりも高い。
  • 目的の商品にたどり着きづらいページ構成になっている。
  • 送料などの表記が分かりづらい。

このなかで今回は

【お客さんが来ない(お店を見つけてもらえていない)】

を改善するための方法をご紹介します!

お客さんが集まらない時の対策は?

お客さんが集まらない時の対策は、大きく分けて2つあります。

1. SEO対策

特定のキーワードで検索しても検索結果に出てこないようであれば
そのままの状態でユーザに見つけてもらうのは非常に困難です。

ユーザが検索するであろうキーワードの検索結果で
できるだけ上位に表示されるよう対策を行いましょう。

そこで行う対策が、SEO対策になるのですが
これを個人で行うのはとても大変なことです。

頻繁に検索順位のアルゴリズムが変わるため
日々の細かい変動に合わせて、すべての商品ページを調整していく必要があるからです。

さらに、モールによってアルゴリズムが異なるため、
複数店舗を運営していれば、それだけ作業量は膨れ上がっていきます。

通常の業務をこなしながら、細かくSEOの調整を行うのはとても大変なので
プロの力を借りることをおすすめします。

2. 広告の出稿

2つ目は、費用をかけて広告を出稿することです。

ユーザの目に触れやすい場所に自社の商品を表示できるので
オープンしたばかりのショップさんがアクセスを稼ぐには効果のある方法です。

ただ、広告費以上の売上を出すことはとても難しく
広告の選定を誤ると、思ったよりもアクセスが集まらないという可能性もあります。

さらに言うと、アクセスが集まったとしても
購入に結び付くほどの魅力的なページができていなければ
広告費用だけがかかり、商品が売れないなんてこともありえます。

じーぽ
じーぽ
広告を出す前にやる事はいっぱいあるぽ!

 

そこで今回は、この大きな2つの対策以外でお客さんを増やすための方法をご紹介します。

それは、ドロップシッピングを使って取扱商品を増やすことです!

ムッシュ
ムッシュ
どろっぷしっぴんぐぅ~?

ドロップシッピングとは?

ドロップシッピングとは、自分で商品の仕入れをしなくても
ネットショッピングを開くことが出来るシステム。

ドロップシッピングサイトで販売可能な商品を紹介してくれているので、
そちらから気に入った商品を選び、自分のショップで販売することが可能です。

在庫を抱える必要もなく、ほぼノーリスクでECサイト運営ができるため
とても人気のサービスとなっています。

さらに、自分のサイトから売れたドロップシッピングの商品は
基本的に運営会社が検品や梱包、配送手配まですべて行ってくれます

つまり、すでにECサイトを持っているあなたは、ドロップシッピングのサイトから、
自分のショップで取り扱う商品を選んで商品登録を行うだけで
様々な商品を取り扱うことができるのです!

ドロップシッピングでお客さんが増える?

ムッシュ
ムッシュ
でも、ドロップシッピングで商品を増やしたからって、お客さんが増えるとは限らないんじゃないの?
じーぽ
じーぽ
もちろん必ず増えるというわけじゃないぽ!
でも可能性が上がるんだぽ!

楽天市場でお買い物する人を例にとって、お客さんの行動を考えてみましょう。

【楽天市場での消費者行動】

  1. 楽天市場のトップページに行く。
  2. キーワード検索で欲しい商品を探す。
  3. 検索結果を確認する。
  4. 気になった商品のページを見に行く。

この4つ目の行動に大きなポイントがあります。

例えば、家電ジャンルで100商品を取り扱うショップがあったとします。

この場合、ターゲットになるお客さんは、
家電関連のキーワードで検索してくる人のみになります。

2019年3月現在、楽天市場で「家電」というキーワードで検索を行うと
約450万もの商品がヒットします。

この大量にある商品のなかに100商品を出品したとしても
検索結果に表示される可能性はかなり低いと言わざるを得ません。

そこで、現在お店で取り扱っていない家電商品や
関連するインテリア商品などをドロップシッピングサイトから追加し
1,000商品まで取り扱いを増やしたとします。

すると、インテリアの検索結果からもお客さんが来ることになり、
1,000商品の取り扱いなので、検索結果に表示される可能性も上がります。

このように、楽天やYahoo!ショッピングなどのモールの場合、

取扱い商品数 = お店への入り口の数

になるのです。

ドロップシッピングおすすめはNETSEA(ネッシー)

ドロップシッピングも現在はたくさんのサイトがあります。

おすすめしたいのは、その中でも老舗である「NETSEA(ネッシー)」です。

NETSEA(ネッシー)に出展している問屋・メーカーは約5,000社と、
国内の卸売モールサイトとしては最大規模となります。

取り扱っている商品ジャンルもとても豊富です。

取り扱い商品ジャンル

アパレル、インテリア、ファッション雑貨、食品・飲料、ビジネス・事務用品、美容健康、家電・AV・コンピューター、雑貨、など…

また、会員登録は無料で、商品を1点から購入することが可能なため、
費用をかけることなく仕入をすることができるようになります。

無料会員登録を行えば、仕入れ価格を確認することができるようになるので、
実際に自分のお店で取り扱うことができる商品があるかを確認してみるのも良いでしょう。

商品ページも、出来上がっているものを自身のショップで利用できるので
ページ制作に対する費用もかかりません。

ムッシュ
ムッシュ
魅力的な商品紹介ページが用意されてるのはスゴイ便利だね!

NETSEA(ネッシー)の商品は、直接配送可能な商品と、仕入れてから自分で配送する必要がある商品があるので、間違わないように注意しましょう。

【まとめ】ドロップシッピングを使ってみよう

今回は、NETSEA(ネッシー)などのドロップシッピングで商品を増やすことで、
お客様がお店に来るための入口を増やし、アクセスを増やす方法をご紹介しました。

こうすることで、ドロップシッピングの商品だけではなく、
本当に売りたい自分のお店の商品を見てもらうチャンスが増えます。

取扱い商品数 = お店への入り口の数

こちらを意識して、ドロップシッピングを利用してみてはいかがでしょうか。

心理学を活用して売り上げアップを狙え!ECサイトで使える3つの心理効果ECサイトの売り上げを上げるのに心理学はとても効果的です。お客さんの心理効果を考えることで、売りたい商品を売れやすくしたり、商品を購入したくなるようにすることが可能になります。今回は3つのECサイトで使える心理効果を紹介しています。...

確実に稼げるドロップシッピング副業入門 [ S.S ]

created by Rinker
¥1,628
(2019/11/12 15:59:24時点 楽天市場調べ-詳細)

ABOUT ME
ムッシュ
ムッシュです! おもしろくてわかりやすい記事を目指して頑張ります! うぃーーーーむっしゅ!

ネットショップ運営でお困りのことはありませんか?
お気軽にご相談ください。