便利ツール

セール時の作業を効率化!特集ページの更新作業を自動化する便利ツール

こんにちは、おおたです!

7月に入り、2019年も後半戦。
ついこの前始まったばかりな気がしていた2019年も、半分が過ぎてしまいました…。

梅雨のジメッとした湿気に気が滅入ってしまいがちですが

それが過ぎれば夏!

おおた
おおた
花火!プール!夏祭り!
じーぽ
じーぽ
コラっ!遊ぶことばっかり!!
EC運営者なら、サマーセールだぽ!
早く準備を進めないと間に合わなくなるぽ!

気温の上昇とともに消費者の購買意欲も過熱していく、この時期。
少しでも早く戦略的にページ作りを進めておきたいところですね。

というわけで今回は、セールなどのキャンペーン時に役立つ
便利ツールのご紹介をしていきたいと思います!

セール商品は特集ページでアピール!

夏のセールに限らず、セールや在庫売り尽くしは
年間を通して最も高い売り上げが見込める一大イベントです!

財布の紐が堅くなる1月からの長い準備期間が過ぎて、いよいよという時期になります。

人気の商品や割引率の高い商品は
ショップ内でも積極的にアピールして、ユーザの興味を引きたいところです。

そこで重要なのが、セール商材をどのようにアピールするか、ということです。

よく使われるのは、セール特集ページやキャンペーンページを作成して露出する方法。

魅力的なセール商品を一覧で掲載することができるので
お客様の購買意欲をより強く掻き立てることにつながります。

ですが、商品の差し替え作業が非常に面倒くさいんですよね。

特集ページの更新作業は意外と手間!

売り切れた商品をいつまでも表示させておくのは非常にもったいないです。

買えない商品をお客さんに見せていても意味がありませんし
さらに売り込みたい商品の露出機会を減らすことにもつながります。

限られたセール期間を有効に使うためにも、一刻も早く商品を差し替えたいところですが
実はこの作業に意外と時間がかかってしまうものなのです。

HTMLファイルをダウンロードして、エディタソフトで開いて、商品画像と商品ページへのリンクをひとつずつ変更して、ファイルを上書き保存して、サーバにアップロードして、表示内容に問題がないかブラウザでもチェックして…

じーぽ
じーぽ
受注処理と出荷処理が忙しくて
そんな時間とれない・・・ぽ…。

しかもこの作業は、商品が売り切れるたびに毎回行わなければいけません。

商品の差し替え作業はシステムにおまかせ!

そんな忙しい皆さんに今回ご紹介したいのが
商品の差し替え作業を簡単に素早く行えるシステムサービス。

その名も「フリーセレクト」です!

このシステムサービスは、事前に条件を指定しておくと
その条件にマッチした商品だけをシステムが自動で表示してくれるというもの。

運営の効率化と購買促進が一度に行える、人気のシステムサービスなんです!

このサービスは、当社システムをご利用いただいているショップさんからの

スタッフ
スタッフ
商品の表示や差し替え作業を素早く行いたい!
こんなでも社長
こんなでも社長
もっと自由に商品をアピールしたい!

といった声から生まれました。

商品管理番号やキーワードで商品を指定できるほか、除外商品の指定も可能です。

例)絞り込みワードを「Tシャツ」に指定し、除外ワードを「長袖」にする

表示商品は管理画面からカンタン設定!

フリーセレクトを利用するには、事前に条件を登録しておく必要がありますが
管理画面から設定するだけなので、とても簡単です!

条件指定の仕方にもいくつか方法があるので
ここからは、商品表示の設定方法をいくつかご紹介していきます。

じーぽ
じーぽ
セールの簡単な設定方法についてもあとで説明するぽ。
楽しみに待ってるんだぽ!

①商品を個別で指定する

まずは、アピールしたい商品をひとつずつ個別に指定する方法です。

型落ちで在庫処分したい商品、シーズンを過ぎて早く売り切りたい商品、
露出を増やして認知度を上げたい商品など、いま売りたい理由はいろいろありますよね。

そんなときは、「店長おすすめ商品」という切り口で
商品を個別に指定してアピールしていきましょう。

商品URLや商品番号を登録するだけなので設定もカンタンです。

じーぽ
じーぽ
オリジナルの見出しも用意してあるぽ!

②カテゴリごとに指定する

商品登録をする際に、ほとんどのショップさんはカテゴリ登録をしていると思います。

このカテゴリを指定して、表示設定を行うことも可能です。

この方法なら、季節の旬の食材を毎月切り替えて紹介することもできるんです!


例)6月はさくらんぼカテゴリ、7月は桃カテゴリ、8月はぶどうカテゴリ

カテゴリの指定はカテゴリページのURLの一部を入力するだけ!

③キーワードで指定する

そしてこれは上級編。
少しテクニックが必要ですが、フリーセレクトを一番活用できるのではないでしょうか。

絞り込みワードに表示したい商品が引っかかるキーワードを登録する方法です。


例)2019S/S(2019年の春夏商品)

じーぽ
じーぽ
こうすると、カテゴリをまたいで
表示商品を指定できるぽ!

商品名に共通の文言を入れているショップさんは、ぜひ活用していただきたいです。

見出し画像もカスタマイズが可能

さらに、システム上部には見出し画像を表示することも可能です。

オリジナルで作成した画像を表示させることもできます!

例)7・8月は夏のスーパーセール、9月からは最終売り尽くしの見出しに差し替える

じーぽ
じーぽ
ここから見出し用画像を登録するんだぽ

商品の入れ替えや見出しの差し替えを頻繁に行う事は時間的にも作業量的にもつらい…。

ですが、フリーセレクトであれば
HTMLソースに触れることなく商品のアピールができちゃうんです!

おおた
おおた
見出しの作成なんてできないし、難しいよ…。
という店長さんのために、制作代行も行っています!
ぜひ一度ご相談ください!
じーぽ
じーぽ
いきなりサービスの告知ぶっこんできたぽ…。

まとめ

フリーセレクトは自由度が高いので
使い方次第で様々な切り口から商品のアピールができるところが魅力です!

私も考えつかないような方法でアピールしているショップさんもたくさんあります。

ぜひ皆さんも活用して、競合店と差別化を図りましょう!

  • 詳しいフリーセレクトのご説明はこちら
  • 賑わいシステム Libraryのご紹介はこちら
  • Libraryのお問い合わせはこちら
ABOUT ME
おおた
おおたです。ECショップの支援業務に携わって8年になります。皆さんのお役にたてれば幸いです。 サッカー観戦が趣味。Jリーグでは埼玉県の赤いチームを応援しています。それと犬好き。ボストンテリアLOVE。

ネットショップ運営でお困りのことはありませんか?
お気軽にご相談ください。