便利ツール

【楽天市場の分析ツール】購買ファネルレポートで段階別の長所と短所を見つける方法

2019年3月27日(水)から
楽天市場に新たな分析ツールが追加されました。

その分析ツールの名前は「購買ファネルレポート」です。

ユーザの興味の強さ(段階)を可視化して
サイトの長所と短所を発見するのに役立つRMS内の分析ツールです。

今回は、この「購買ファネルレポート」について
詳細をご紹介していきたいと思います。

購買ファネルレポートとは?

サイトに流入したユーザを、認知・興味・購入・リピートという
4つの段階のアクセスを数値化することでサイト分析を行うツールです。

商品分析ツール」では、商品個別の分析機能のみでしたが
新たに登場した「購買ファネルレポート」はサイト全体の分析をすることが可能です。

購入ファネルレポートはRMSで利用可能です。
「RMSトップ >> データ分析 >> 7 その他レポート >> 購入ファネルレポート」

購買ファネルとは?

ファネルという言葉は、見込み客が購入に至るまでの過程で
徐々に少なくなっていくことを指すマーケティング用語です。

このツールで言う「購買ファネル」とは、ユーザがショップにはじめて流入してから
最終的に購入に至るまでの意識の段階(認知・興味・購入・リピート)を
以下のように図式化したものを指します。

【購買ファネル】

購入ファネルイメージ図


【意識の段階の定義】

認知 1ページのみ閲覧したユーザ
興味 1回の訪問で2ページ以上閲覧したユーザ
2回以上訪問したユーザ
商品をお気に入り、またはお買い物かごに追加したユーザ
購入 1回商品を購入したユーザ
リピート 2回以上商品を購入したユーザ

【参考】楽天市場「購買ファネルレポート」

購買ファネルレポートの使い方

調査方法はとても簡単です!

以下の「基準期間」に調査期間を指定するだけで
指定した期間内の「段階別ユーザ数」「段階別ユーザ推移率」が表示されます。

【期間の設定】

購入ファネルイメージ

【引用】楽天市場 RMS「購買ファネルレポート」より

「比較期間」に期間を指定すると、基準期間との比較が可能です。

期間として指定できるのは、月曜日から日曜日までの1週間単位のみで、期間単位のカスタマイズはできません。
また、最新データの更新は毎週火曜日です。(2019/4/3現在)

購買ファネルレポートの見方

期間指定が完了すると、自動でレポートが表示されます。

表示されるレポートは2種類。
「段階別ユーザ数」「段階別ユーザ推移率」です。

それぞれ詳細を解説していきます。

段階別ユーザ数

ここで表示されるのは、各段階におけるユーザ数および
各段階から次の段階に遷移したユーザ数です。

【段階別ユーザ数】

  :その段階にとどまったユーザ数
  :次の段階に遷移したユーザ数

【引用】楽天市場 RMS「購買ファネルレポート」より

比較期間を指定した場合は、自動計算で「増減」が表示されます。

基準期間が比較期間より下回っている場合
増減の背景色が「」になり、上回っている場合は「」になります。

ここをCHECK
  • 認知は増えているか?
    十分な流入がとれているか
  • 興味は増えているか?
    ユーザに魅力を伝えられたか、興味があるユーザをとれているか
  • 収入は増えているか?
    認知・興味で獲得したユーザが転換しているか
  • リピートは増えているか?
    ユーザの囲い込みができているか

背景色が「」になっていた場合は
グラフ下に表示されている上記チェック項目を参考に、対応策を考えましょう。

段階別ユーザ推移率

指定期間内に各段階から次の段階に遷移したユーザの割合です。

「認知」段階にいたユーザ数のうち、
「購入」「リピート」に遷移したユーザ数の割合を示す「購入推移率」も表示されます。

【段階別ユーザ推移率】

段階別ユーザ遷移率

【引用】楽天市場 RMS「購買ファネルレポート」より

ここをCHECK
  • 認知・興味の数字は増えているか?
    継続的に認知・興味を獲得できているか
  • 購入・リピートの数字は増えているか?
    ページ改善など転換施策は十分か、また、一度購入した既存ユーザを囲い込めているか

こちらのレポートについても、背景色が「」になっていた場合は
上記チェック項目を参考に、対応策を考えましょう。

購買ファネルレポートまとめ

いかがでしたでしょうか?

「認知」は少ないが「リピーター」が多いなど
既存の分析ツールとは違った視点でサイトを診断する事ができます。

サイト全体が順調なのか、問題が生じているのかを
段階別に把握・分析することができます。

売上が大きく変動した際に、影響があった商品を特定・分析する事も重要ですが
「木を見て森を見ず」にならないよう、サイト全体の分析ができる
購買ファネルレポートを併用することをオススメします。

購入ファネルレポートはRMSで利用可能です。
「RMSトップ >> データ分析 >> 7 その他レポート >> 購入ファネルレポート」

ABOUT ME
iwa
SEOとご購入いただいた弊社システムの設置およびメンテナンスの担当です。 楽天市場に出店、店長を経験しており、店長に役立つ情報を紹介しようと考えております。

ネットショップ運営でお困りのことはありませんか?
お気軽にご相談ください。