トレンド情報

インスタグラムの新機能『IGTV』ってなに?ECサイトでも活用できる?

むっしゅ
むっしゅ
IGTVが話題になってるみたいだけど、何なのか教えておーくれ!
じーぽ
じーぽ
IGTVはインスタグラムから出た、縦型動画の投稿・視聴用アプリだぽ!
むっしゅ
むっしゅ
ほほう。インスタかー。
女の子にモテそうだから、詳しく聞かせておーくれ!
じーぽ
じーぽ
不純な動機だな!!

IGTVとインスタグラムの違いは何?

分かりやすいように、YouTubeなどに代表される一般的な動画サービスと比較して見ていこうと思います。

IGTVでできること

1.縦動画が投稿できる

これまでのスマホ動画は、スマホを縦にした状態で撮影した動画は全画面表示にはならず、画面中央に小さく表示される仕様が主流でした。

でもIGTVでは、縦向きで撮影した動画も縦向きの全画面で投稿することができるようになっていて、スマホでの視聴を意識した仕様になっています。

2.長時間の動画が投稿できる

インスタグラムで動画投稿をする場合、その動画の長さは「ストーリーズ」で15秒、通常の動画投稿で1分が上限です。

でもIGTVを使うと、YouTubeのように自分のチャンネルを作成することができ、最大で60分間の動画を投稿することができます。

60分間の動画を投稿できるユーザーはフォロワーの多いアカウントに限られていて、通常ユーザーは15秒~10分までの投稿に制限されています。

※インスタのフォローとフォロワーは、アカウントの連携をすればそのまま引き継がれます。

IGTVでできないこと

1.アプリで動画の撮影・編集 ができない

現状のところ、IGTVのアプリは動画のアップロードを行うことがメインの機能になっており、撮影や編集の機能は付いていません。

ユーザーが増え続ければ、機能のアップグレードもあるかもしれませんが、現状では投稿機能のみになっています。

2.ハッシュタグでの検索ができない

IGTV内での検索はチャンネル単位のユーザー情報に限られています。

ハッシュタグをつけて投稿したとしても、それをIGTV内での検索には利用できません。

インスタグラムのアプリで完結?

実はインスタグラムのアプリを最新にすれば、IGTVの専用アプリをダウンロードしなくても使用することができます。

インスタのアプリを開いて、画面の右上にIGTVマークが出ているので、これを押すだけで切り替わります。

むっしゅ
むっしゅ
あれ?
ってことは、IGTVのアプリいらなくない?
じーぽ
じーぽ
むっしゅ。静かにするんだぽ

今のところ、IGTVのアプリでなければできないことは特にありません。
インスタグラムのアプリさえあれば完結してしまいます。

今後もIGTVのアプリでなければできないことがないのであれば、インストールする必要はないかもしれません。

PC版のIGTVでは何ができる?

IGTV のアプリでできることはPCでも操作可能です。
せっかくなので、PC版での使い方をご紹介しておきます。

PCからinstagram.com にアクセスして、「IGTV」「スタート」の順にクリックするんだぽ。
初回は、IGTVのカンタンな説明画像が表示されるぽ。
スタートっていう表示が「アップロード」っていう表示に変われば準備完了だぽ。
アップロードボタンをぽちっとすると動画を投稿できるぽ!

かなりシンプルな画面なので分かりづらいですが、PC版ではアップロードした動画を編集する機能が利用できます。

下書き保存もできるので、事前にスマホで撮った動画をPCで編集してから投稿するのもいいかもしれませんね!

PC版でできることはこの4つです。

  • 動画のアップロード
  • カバー写真の登録
  • タイトルの編集
  • 説明の記載

IGTVってECでも活用できる?

むっしゅ
むっしゅ
結局このIGTVってECサイトでも活用できるの?
じーぽ
じーぽ
そんなこともわからないのか。情けない。
むっしゅ
むっしゅ
ごめんごめーん!教えてよ~
じーぽ
じーぽ
Zzz・・・

 

IGTVでライブコマースはできませんが、縦動画という特徴を生かした商品PRは可能です。

例えば、アパレルショップが全身のコーディネートを撮影したとき。

従来の動画では、撮影時は縦長でも、閲覧時には横長に表示されるため、サイズが小さくなり、どうしてもアピール力に欠けるところがありました。

でもIGTVは縦動画なので、撮影時と同じように縦に大きい状態で再生できるため、より多くの情報をアピールすることができます。

ただ、現状の仕様では、IGTVの動画にリンクを貼ることができません。

いまのところは投稿からのサイト誘導ができないので、サイト内に動画を埋め込み、商品の魅力を伝えるために使うのが良さそうですね!

通常ユーザーでも10分という長時間の動画を投稿できるので、見てる人を飽きさせない工夫も忘れずに!

まとめ

またひとつ大きな流行を生みそうなサービスがリリースされましたね。

ライブコマースが流行しはじめ、ECと動画の親和性が高まっている今。
IGTVも積極的に活用していきたいところです。

また、現状はIGTVの投稿動画にリンクをつけることはできませんが、今後はそれもできるようになるかもしれません。

少し前にインスタグラムで『ShopNow』というショッピング機能がリリースされていますが、この機能がIGTVでも利用できるようになる可能性は高いと思います。

そんな話題性バツグンのIGTV。
今後どう広がって、どう使われていくのか、楽しみですね!

それではまた!

ABOUT ME
ムッシュ
ムッシュです! おもしろくてわかりやすい記事を目指して頑張ります! うぃーーーーむっしゅ!

ネットショップ運営でお困りのことはありませんか?
お気軽にご相談ください。